• J/E

400歳記念の和菓子

亀屋清永 今年で満400歳 亀屋清永

「大坂夏の陣」から下ること3年。
徳川家康が75歳で死去し、
シェイクスピアが52歳で没した翌年の
元和3年(1617年)。
京都寺町に一軒の京菓子処が開業しました。
屋号は「亀屋冶兵衛」。

この年53歳のガリレオが望遠鏡で見ていた星々は、
いまも変わらず輝き続け、
「亀屋冶兵衛」も同じように、
のちに「亀屋清永」と改称し、
いまも小さな光を放ち続けています。

「亀屋清永」は今年、
「亀屋冶兵衛」創業から数えて満400歳。
花は移ろい、人は去り、幾星霜を経ようとも、
私たちは、先人から受け継いだこの小さな光を大切に守り、
京菓子の喜びをつくり続けてまいります。

19世紀の果樹園から

1853年(嘉永6年)、浦賀にペリーの黒船が来航し、
以降、日本の西洋化は一気に進んでいきました。
奇しくも同じ年、有名な画家がオランダでこの世に生を受けました。
フィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホ。
ゴッホが、浮世絵の手法を学び、数々の名作を生み出したことはよく知られています。
和の文化と洋の文化の幸福な融合。
それは、未知の世界を、自由な発想で翔けた先人たちの賜物です。
そんな先人たちの冒険や勇気に敬意を表して、
和の伝統に洋のテイストを取り入れた、
亀屋清永400歳記念のお菓子を創作しました。


SHOU

ゴッホが、浮世絵の独特の遠近法を応用した作品に、アルル時代に描かれた果樹園シリーズがあります。花咲く果樹や芽吹く木々が、豊かな色彩で生き生きと描かれたそれらの作品にインスピレーションを得て、「あんず」と「いちじく」のドライフルーツを入れたひと口サイズの羊羹を作りました。フランスの美しい果樹園に想いを馳せた、和魂洋才の新しい味わいです。

あんず いちじく

1個
¥100 +税
5個入
¥500 +税
  • 日保ち:20日
  • ◆記載しております「日保ち」は目安でございます。
  • ◆各商品に記載された賞味期限をご確認の上、お召し上がりください。

「翔(SHOU)・あんず」のパッケージには、ゴッホの果樹園シリーズのひとつ「花咲くあんずの木々(Apricot Trees in Bloom)」を、「翔(SHOU)・いちじく」のパッケージには、ゴッホと同時代に活躍したフランスの画家、フェルディナンド・プィゴドウの「ケルヴォードのいちじくの木(Fig Tree at Kervaudu)」をデザインしました。

ご注文・お問い合わせ

  • TEL. 075-561-2181

    受付時間 8:30~17:00/水曜日定休(その他不定休あり)

  • FAX. 075-541-1034

    ご注文を確認後、お電話にてご連絡いたします。お名前・お電話番号を必ずご明記ください。

◆商品は、お客様のご自宅へ発送いたします。 ◆代金引換でお願い申し上げます。